浦安市役所の防犯課の方が当学習会にお見えになった。


 市民の方が犯罪にあったり、あいそうになったとき、当学習会の教室が緊急避難場所となって欲しいという要請だった。市ではこの避難場所を「防犯かけこみ110番の店」として協力を呼びかけているとのことだった。


 「防犯かけこみ110番の店」と書かれた黄色のステッカーを置いていかれたので、さっそく、目立つところに貼った。


 ただ、防犯課の方に、「例えば、私が、犯罪者に襲われそうになったら、近くの民家やお店に助けを求めると思う。その際に、ステッカーが貼ってあるかどうかはあまり関係ないのでは。」という素朴な質問をした。


 その質問に、「確かにそうだ。でも、多くの店にこのステッカーが貼ってあれば、
犯罪の抑止力になる」とお答えになった。確かに、街の中、あちこちにステッカーが貼ってあれば犯罪が少なくなるのかもしれない………と妙に納得してしまった。


 塾では、子どもたちを預かり、しかも、夜が遅くなる。子どもの安全を確保するのは当然の責務だ。防犯対策にはあらゆる協力をしたいと思う。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る