県立船橋啓明高校を訪問した。


 といっても、同校はまだ存在していない。この4月、船橋西高校と船橋旭高校が統合され、船橋啓明高校が誕生する。


 県立高校の統合は中3受験生にとってビッグニュース。新しい学校がどのよう
な姿になるのか、同校(現 船橋西高校)を訪問していろいろお話を伺った。
 
 船橋啓明高校は進学重視型単位制として発足する。単位制の反対語は学年制。一言で表現すれば、教科の選択の幅が広がる。高3になると全32単位のうち20単位が選択制になるとのこと。


 従って、理系・文系、それぞれの志望大学に応じて科目を選択できるのが大きな特色。


 教科を選択する結果、少人数の授業がたくさん出来る。このため、いくつかの教室では、真ん中にジャバラの仕切りが設置されていた。


 来年の新高3生は、旧船橋西高と旭高のクラスは別学級にする(つまり、西高と旭高は混ぜない)とのこと。


 面白いのは指定校推薦。


 来年の新高3生が卒業する際の指定校推薦は、旧西高と旭高それぞれに対して割り当てられる見込みとのこと。


 学校が統合しても必ずしもすべてが統合されるわけではない。初耳だった。


 学校の統合はそれほど頻繁に起きる出来事ではない。いろいろ話を聞いて参考になる部分が多かった。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る