ポジティブ心理学についての勉強会に出た。

  ポジティブ心理学は2000年に入って開発された分野で、「奇跡的」な業績を定常的に達成することを目指す新しい学問領域とのこと。

 ポジティブな経験は楽しい人生を、ポジティブな特性は充実した人生を、ポジティブな制度は有意義な人生を実現するが、これらは測定可能であり、従って実現に向けた介入も可能。

 だから、科学的アプローチをすることができる。

  つまり、その気になって正しい方法を身につけることができれば、幸せな人生を歩むことができる………ということらしい。

 一般に年齢を重ねて老境に入ると、ポジティブ感情は下がるように思われているが、事実は反対。年を重ねると一般的にはポジティブ感情は高まる。

 才能は成功に直結しない。子どもの時に高い能力を持っている人が、成功するとは限らない。

 これは、成功は努力とスキルによって達成されるから。スキルは才能と努力によって磨かれる。だから、「やり抜く力」が大切。

 ウーン、よくわかる部分もあるが、イマイチピンと来ない部分もある。講師曰く、ポジティブ心理学を究めるには、他の学問分野と同じようにそれ相応の時間が必要とのこと。

 ただ、高い成果(それも極めて高い成果)を出す方法論が存在する、というのは驚き。ポジティブという言葉よく耳にするが、その働きの大きさに感動を覚えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る