接客・接遇マナー講座に出た。

 学習塾は人と人とが接するところ。接遇マナーは極めて重要な課題。当初、この講座には講師の誰かに参加してもらおうと思っていた。

 ただ、考えてみたら、伸栄学習会の中で一番マナーを改善しなければいけないのは、私自身。

  やはり、私が……。そんな思いで参加した。

 出席者の多くは若い社員たち。でも、年配の方も結構交じっていた。ひょっとしたら、私と同じような気持ちだったのかもしれない。

 話の中心は、そもそもマナーとはという総論と、具体的な場面での身の処し方について。

 恥ずかしながら、今回はじめて日本と欧米では、席順が逆になっていることを知った。

 下座から見て、日本式では右側が上位、欧米式では左側が上位とのこと。

 でも、そうなら、天皇・皇后陛下の写真は、向かって左が天皇陛下、右が皇后陛下。左右が逆。

 これは、国際化の中で、敢えて欧米式のプロトコールを採用しているからとのこと。

 へ~~、知らなかった。

 やはり、大切なのは原理原則。目からウロコが何枚も落ちた講座でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る