ある塾団体の研修会で高校入試制度の見通しについて話を伺った。


 話者は模試会社の著名な論者。
 
 千葉県の公立高校入試制度はこの春大きく変わった。今度の入試は変更後2回目。大きな変更はないが、細部ではさまざまな変更がある。


 今日の話でそれらを確認することができた。


 ところで、一番、面白かったのは今後の見通しについて。


 この春の入試(平成24年度入試)から、埼玉県では前期・後期入試が一本化される。平成25年度からは神奈川県と茨城県で一本化される見通し。


 千葉もいずれ追随するというのが一般的な見方。問題はその時期。


 埼玉では入試制度改訂後、2回の入試を経て一本化された。これに従うとしたら、千葉は今度の入試で2回が経過。従って、平成25年度、つまり現中2から一本化されるということになる。


 いくら何度もそれは早すぎ、となれば、平成26年度。つまり現中1から??


 公立高校の入試一本化はさまざまなウワサが飛び交っている。でも、話を聞きつつ、現実味を帯びてきたのを実感。


 情報収集に努めなければ………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る