春期講習が終了した。


 今年の講習は、とりわけ、早く過ぎてしまったように思う。計画停電のため時間割を何度か変更して、バタバタしたのがその理由かと思う。


 「子どもたちと勉強をする」という点では例年と何も変わらない。授業のある時間の部分を切り出したら、特別な変化があったわけではない。


 でも、授業の準備や、時間を巡る保護者への連絡などに追われ、とにかく今年は慌ただしかった。


 スタッフにもずいぶん負担をかけてしまった。


 ただ、被災地の方々のご苦労を思えば、こんなことは ごくごく些細なこと。


 当たり前に授業のできることに感謝しなければならないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る