ゴールデンウィークが明け、1週間ぶりの授業。


 この休み中に、教室のレイアウトもすこし変えたこともあり、教室が新鮮に見える。


 授業開始前、「おまえ、ゴールデンウィークの宿題やったか??」という会話が教室の中にこだましていた。


 休み前、生徒全員にゴールデンウィーク特製の宿題を出した。


 この宿題、子どもたちからは、すこぶる評判が悪かった。ただ、保護者からの評価は正反対。宿題については、いつも生徒と保護者は正反対のとらえかたをする。


 ところで、やはり、宿題をやってこない生徒が残念ながらいる。


 ここが、講師の出番。


 宿題をやらないのは、詰まるところ、講師の責任。講師、一人ひとりが重く受け止めないと、この問題は絶対に解決しない。


 休み明け早々、講師は重い課題を抱えてしまったよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る