教育コンサルタントの方にいらしていただき、伸栄学習会の授業分析をしていただいた。


 伸栄学習会では、毎日、授業を行っている。その日々の授業は、過去のさまざまな経験を生かしつつ、“最善”の方法で進めている。


 ただ、最善と思うのは、あくまでも私たち内部の人間の主観。客観的な検証を積み重ねた結論ではない。


 従って、1つ間違えると、独りよがりな授業を展開してしまう恐れがないとも言えない。


 こんな問題意識から、専門家の方にお越しいただき、私たちの授業をチェックいただくことにした。


 3時間あまり教室で授業を観察してもらい、問題点などを抽出していただいた。


 結論として、講師の役割について厳しい意見をいただいた。


 伸栄学習会では3人の講師が役割分担をして、一人ひとりの生徒を個別指導することにしている。それぞれの役割を決めているが、その仕組みが「甘い」という指摘だった。


 つまり、3人の講師が、授業の中で、同じような役割を重複して演じてしまっている時間がかなりある、とのことだった。


 せっかく教室の3人の講師が配置されているのだから、その役割をもっと細分化するば、さらに精緻な授業が展開できるというのがその方の考え。


 話を詳しく聞いていくと、なるほど、その通り。


 さっそく、講師の役割を再検討して、一人ひとりを、もっときめ細かに指導できる仕組み作りをすることにした。


 やはり、外部の「目」は大切。内部の力だけでは限界のあることを痛感した。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る