久しぶりに一斉授業の講師をやった。


 伸栄学習会は個別指導塾。一斉授業を行うチャンスはふだん全くない。この日は、「特別授業」として中学2年生の数学を指導した。


 ただ、時間がわずか55分。学校の授業は50分だそうだが、塾の授業としては時間が短い。しかも、「定期試験対策」。範囲が広い。


 短い時間で印象に残る授業をするのは難しい。


 いろいろ考え、教材などで迷っていたら、結局、準備に4時間くらいかかってしまった。たぶん、2時間の授業だっだたらこんなに準備に時間はかからなかったと思う。


 でも、やはり、授業は「楽しい!」。


 子どもたちの反応を確かめながら、教室の一体感を作り出すのは教師冥利に尽きる。子どもたちの顔も輝いていたように思えた。


 時間が無情にもどんどん刻まれ、持ち時間の55分があっという間に終了。


 私にとって充実の55分でした。(果たして子どもにとってはどうだったのだろうか………??)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る