知り合いの塾長から耳寄りの情報をいただいた。


 政府(総務省・厚労省・経産省・文科省)が学習塾に対して大規模な調査を計画しているとのことだ。すべての事業所(教室)に対して、職員を派遣して生徒数、月謝、収益、指導への考え方などを聞き取り調査するそうだ。


 もちろん、学習塾にとってははじめて。


 ただ、この種の調査は他の業界ではすでに行われているとのこと。むしろ、調査のなかった業界の方が珍しいそう。(そんなこと、ぜんぜん知りませんでした)


 ちなみに、これまで調査の行われなかった業種は、学習塾のほか、映画館・フィットネス・カルチャー・エステとのこと。


 日本の経済全体が奮わない中、成長が見込めるのはサービス業。そのサービス業全体の実態調査するのがこの目的だそうだ。


 総務省によると学習塾の全国の事業所数は8万、企業数では700社。このうち従業員30人以上の企業は全体の12%、300人以上では4%とのこと。


 この種の大規模な調査が行われるということは、学習塾も「業界」として認められたということか………?? 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る