スタッフ全員に参加してもらって研修を行った。


 テーマは電話応対とノートチェックの仕方について。2つとも伸栄学習会にとってとても大切な仕事。


 これまでも何度か同じテーマで研修を行ったが、この種のものは何回やっても意義がある。毎日やっているうちに、知らず知らずのうちに自己流に陥ってしまうことがある。


 特に、強調したのは、ノートチェックをする意義、それと、電話応対では相手の気持ちに寄り添うこと。ルーティンの仕事として処理するのではなく、1つ1つに意味を持たせてもらうようにお願いした。


 塾のような仕事はホスピタリティー精神がなければ一歩も前に進まない。これからも、テーマをすこしずつ変えて研修を行っていく予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る