長男を連れて井原西鶴の『好色一代男』を見た。


 井原西鶴の作品は読んだこともなければ芝居を見たこともない。どんなものだろうかという興味本位で、青山円形劇場に行ってみた。


 正味2時間の上演。とても面白かった。


 原作にどこまで忠実なのか知るよしもないが、演劇として堪能した。一人の男の女性遍歴を綴るストーリーだが、生きることの目的を考えさせられた。


 知っている配役は水前寺清子だけ。ただ、この人の声が全然聞こえない。大切な役目を演じているのに少し残念だった。


 青山円形劇場は文字通り座席が円形状に配置されている。舞台が近くで、俳優の表情など細かな部分もよく見える。ストーリの面白さと相まってとても楽しいひとときを過ごせた。


 実は、恥ずかしながら、井原西鶴は歴史の教科書でしか知らなかった。長男も「行ってよかった」と大喜び。機会があれば、また井原西鶴と再会したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“井原西鶴” に2件のコメントがあります

  1. 青沼さん
    今晩は
    ブログ拝見しております。
    毎日よく勉強をおやりになりすばらしいですね。
    励みになります。
    朝日学習館 梶原 賢治

  2.  こちらこそ励ましのお言葉ありがとうございます!
     せめて子どもたちに負けないようにと思っています。今後ともご指導よろしくお願いします。

トップページに戻る