いよいよ本年度の入試も終盤。今日、公立高校学力検査の入試倍率が出た。

 数字を追っていくと、先日の特色化選抜のときとは、やはり出願状況に変化がある。「今年はねらい目かも?」とマークしていた高校も、結果的にかなりの倍率となっているところがある。

 やはり、塾の生徒の出願した高校の倍率は気になる。さきほど、倍率の書かれた一覧表を生徒に渡したが、彼ら彼女らも真剣に表を見つめていた。

 生徒の一部は志望変更する可能性がある。今年の志願変更の最終は来週の月曜日。週末はバタバタしそうだ。

 一方、数字を追っていくと、応募倍率の低い高校もある。

 これらの高校の中にはおつき合いさせていただいている先生もいる。先生の気持ちを察すると胸が痛む。いろいろ努力されても、すぐに認知され結果が出るとは限らない。

 いやはや、生徒にとっても先生にとっても数字は冷酷なものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る