久しぶりに知財研究会に出席した。

 この会は千葉県内の製造業や弁理士の方がメンバーとなっていて、特許や商標などの知財の活用について勉強している。

 メーカーにとって研究開発は必須な業務。その成果である知財の活用は会社発展の命運を左右する。

 一方、学習塾にとって教材研究や授業改善などはもちろん必要だが、研究開発となるとあまり馴染みがない。

 そんなこともあって、学習塾はもちろんサービス業は参加しておらず、言ってみれば私は全くのアウトサイダー。

 ただ、学習塾もITなどの導入は進んでいる。特に、伸栄学習会は昨年、国の補助金ももらって授業のシステムを開発した。

 このシステムでビジネスモデル特許を取れないか検討したが、いったん断念した経緯もある。

 そうはいっても、今後ますますITやAIなどが学習塾の教室に入ってくるのは間違いない。

 そんな問題意識で研究会に出席したが、やはりメーカーの方の熱は高い。学習塾も見習う必要を強く感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る