プロ講師による個別指導 浦安駅・妙典駅・行徳駅の個別指導の学習塾なら伸栄学習会

 長女をつれてオペラ「アンドレア・シェニエ」を見た。ジョルダーノの代表作といわれている作品だが、実際の舞台を見たのははじめてだった。フランス革命を背景にした恋愛物語で、よくあるオペラのパターンで最後は2人は死んでしまう(ギロチンで処刑される)というストーリーだ。
 幕間のスクリーンの映像や、錯覚を利用して舞台が斜めに見える演出はあまりよいとは思えなかったが、準主役のジェラール役のバリトンはすばらしかった。この物語がどこまで実際の史実を反映しているのかどうか知らないが、フランスの革命の英雄ロベス・ピエールが、なぜ処刑されなければならなかったのかも、何となく理解できたような気がした。
 ただ、この日の圧巻は、恋人2人がギロチンに向かうフィナーレだった。音楽が終わり幕が閉まった後も、体の中心から込み上げてくる感動で、しばらくのあいだ息をすることができなかった。日常生活の中では、なかなかこのような感動を得ることは難しい。オペラはすごい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“アンドレア・シュニエ” に1件のコメントがあります

  1.  コメントの投稿ありがとうございます。また、貴重なアドバイスありがとうございます。
     【bitz】の「学生」カテゴリへの登録を検討したいと思います。ただ、ブログについて知識をまったく持ち合わせていません。
     たいへん厚かましいのですが、お手すきのときに登録仕方を教えていただけたら幸いです。
     勝手なお願いですがよろしくお願いします。

トップページに戻る