昨日、本日の2日間にわたってISO更新審査が行われた。

大きな問題はなく、無事に認証登録が継続されることになり、まずはホッとした。

ISO29990の認証を取得したのが平成23年5月、従って、もう7年が経過したことになる。

PDCAを回すこと、記録をしっかり残すこと、そして、これらを通じて授業をはじめて会社全体の改善を図っていくことがISO取得の意義と感じている。

今日の審査でも、現場の講師から思いもかけない提案があったり、認識の微妙な違いに気づかされた。

伸栄学習会のような小さな塾でも、コミュニケーションを円滑にして、方向を一致させることが大切であることを改めて認識。

審査では9つの改善の機会を与えられた。

これを機に、講師が一丸となってさらにシステムの改善を図らなければならないことを強く感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る