この4月、通信制高校を開校します。山口県にある松陰高等学校の分校として、スクーリング・レポート添削などを含め、高校卒業に必要なすべて学習を伸栄学習会の教室で行えるようになりました。すでに正式な認可も下り,生徒受け入れの準備を進めているところです。

浦安や行徳地区には、不登校やさまざまな事情から普通の高校に通えない子どもが多数います。自分が入学した高校に、どうしても通い続けることができない。ここでやめたら取り返しのつかない大きな損失をしてしまう、大きなハンディキャップを負ってしまう、だからやめるわけにはいかない。でもやっぱり通えない。そんな悩みを抱えている子や保護者の方も多くいます。こんな生徒や保護者の一助になれればと考えています。
また、伸栄学習会は数年前から障がい児の学習支援を行い、これらの子どもたちが高校進学をする間口を広げることに注力していきました。このことも通信制高校に発展させていきたいと考えた理由のひとつです。

今、実に多くの通信制高校があります。なかには「プログラマーを育てる」とか「ミュージシャンや芸能人を育てる」と言っているところまであります。さまざまな特色を持つ通信制高校が誕生するのはたいへん結構なことです。
こういう風潮の中、伸栄学習会としては、「きちんと大学に進学できる通信制高校」を目指します。伸栄学習会では長年にわたり学習指導の指導実践を行い、また、並行してAO・推薦入試対策のノウハウも蓄積してきました。これを生かして大学進学につなげるカリキュラムを編成したいと考えています。

お知り合いの方に、高校のことで悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひお声がけください。

トップページに戻る