2014年12月号……『韓国英語村へのお誘い』 塾長/青沼 隆

現在、文科省では英語のカリキュラムを大幅に見直し作業中です。多くの日本人は中学・高校・大学で10年間も英語を学びながら、外国人と英語でコミュニケーションできないというのが一般的でした。一方、中国・台湾・韓国は国策として英語教育を強化して、国全体の英語力をアップしつつあるのが実情です。

日本も遅ればせながら2020年(一部の学校では2018年)より小3から英語の授業を開始して、小5からは週3回の本格的な英語の授業が行われます。また、中学では原則として英語の授業はすべて英語で行い、大学入試では従来の「読む・書く」に加えて「聞く・話す」の4技能について試験が実施される予定となっています。

この動きを受けて、伸栄学習会ではコミュニケーション力の強化を主体に小学生英語の全面改訂の作業を進めています。小学生英語というと、これまでは「楽しい英語」に傾きがちで、単語数も300程度のカタコト英語が主流でした。ただ、伸栄学習会としては、小6段階で単語数1000強、内容的には英検3級(中3修了同等)以上、かつ外国人と基本的な英会話のできる力を修得させたいと考えております。

この検討作業の一環として先般、韓国の英語教育事情を視察しましたが、その際に訪問した「スユ英語村」より、小学生を対象とした英語合宿のお誘いをいただきました。

韓国の英語教育は日本の遥か先を進んでいて、小学校授業は原則としてハングル語を使わず、英語だけで授業が進められています。この授業と並行して、年に一回、一週間程度、英語村で英語合宿が行われています。今回実現するのは、韓国の小学生が実際に利用している英語村での合宿です。

スユ英語村はソウル市の郊外にあり、2006年にオープンしました。英語村の中には病院、銀行、ホテルなどを再現した教室があり、ネイティブ(英語母国人)のレッスンが受けられます。伸栄学習会が幹事、全国学習塾協同組合が窓口となって先方と折衝します。韓国での英語合宿に関心がありましたら、是非、お申し越し下さい。

「スユ英語村合宿要領」
対象(原則):新小3~新小6(保護者の参加も可)
日程(予定):平成27年3月26日~30日(4泊5日)
英語のレベル:不問(全くの初心者でも可)
プログラム:Airplane,Restaurant,Telephone,Cooking等など45分の授業が毎日8コマ程度
費用(予定):渡航費・宿泊費・レッスン費・食事代などすべて含めて約10万円

トップページに戻る