2009年10月号……『緊急人材育成支援事業』 塾長/青沼 隆

当学習会は、厚生労働省が推進している「緊急人材育成支援事業」に協力することになりました。「緊急人材育成支援事業」とは、失業中かつ雇用保険の受給を受けていない方を対象に、6ヶ月間にわたり教育訓練を行うものです。この訓練生には、毎月、国から単身者は10万円、扶養家族のいるの方は12万円が支給されます。伸栄学習会に対しては、この教育訓練実施校としての協力を求められています。

本件は、厚生労働省と経済産業省から全国学習塾協同組合に協力要請があったのがはじまりです。両省が要請をした背景には、本事業の教育訓練する事業所が全国にほとんどなく、学習塾ならば何とか取り組みができるのではないかと期待されたことにあります。当学習会は全国学習塾協同組合のメンバーであり、同組合から、長年、塾で教育を実施してきた者として、社会貢献の1つとして取り組んで欲しいとの要請があったものです。

教育訓練は本年11月から翌年4月まで6ヶ月間にわたり実施されます。訓練内容はパソコン、ビジネスマナー、コミュニケーションなどビジネスの基礎全般にわたり、訓練生の将来の就職に直接つながる内容となっています。講師はすべて組合から派遣され、当学習会は授業には直接関与しません。

現在、訓練生は25名を集めることが求められています。毎月100時間の研修を無料で受けられ、かつ月額10万円(扶養家族のいる方は12万円)の給付金が受けられるので、たいへん魅力のある制度かと思います。ただし、一般への周知がまったくされていないため、必要な方に情報が届いていないというのが実情です。

万一、訓練生が集まらない場合、事業を中止することもあり得ますが、当学習会としては、国から期待が寄せられていることもあり、何とか実施できるように努力をしていきたいと考えています。募集締切は10月14日(水)と定められており、時間がないのも実情です。

本件、教育訓練が実施された場合、浦安教室3階で朝9時から午後3時(一部4時)まで授業が行われます。伸栄学習会の授業には、まったく影響がありません。生徒の皆さんにご迷惑をおかけすることも皆無かと思います。ただ、この間、成人の方が出入りすることをご理解下さい。

もし、お知り合いの方で、訓練生として受講を希望される方がいらっしゃいましたらご紹介下さい。

トップページに戻る