2004年8月号……『男女共学』 塾長/青沼 隆

   共学化の流れ

ここ数年、毎年、首都圏の私立中学・高校では10校以上が男女別学から共学に変わっています。そして、共学化の結果、ほとんどの学校では受験応募者を増やし、学校経営の安定につなげています。別学の時には、定員を確保できずに苦慮していた学校が、共学化により学校が活性化したケースをたくさん見てきました。

ただ、私がこれまで見てきた限りでは、共学化は教育上の配慮からというよりも、むしろ経営の観点からというのを色濃く感じています。もっと言えば、“学校の生き残りのためには他に選択肢がなくて”というのがホンネの場合が多いのではないかと思います。もっとも、当然ながら、公式の説明会などでは、このような説明は一切ありません。

男女共学は、小学生(中学受験)よりも中学生(高校受験)の学校選択の要素として強く働いています。理由はいろいろあります。小学生よりも中学生の方が自分の進路について主体的に選択でき、当然ながら、子どもたちの多くは別学よりも共学を好みます。また、親が別学を望む場合、多くは中学受験をさせる傾向にあり、中学生の段階ではすでにこの層は公立に通っていないこともあります。さらに、一般的に、母親が共学を経験した人は、子どもにも共学を望む傾向があり、その母親自体が共学を経験した割合が増えているというのも大きな理由となっています。

戦後、わが国の学校制度は、別学から共学への流れの中で推移してきました。例えば、千葉県の県立高校でも、女子校はなくなる傾向にあります。最後に残るのは、千葉女子高だけ、あるいはその千葉女子も共学に移行するのではないかとウワサされています。戦後、一貫して共学校が増え、その中で、母親が共学を経験した割合が上がっています。そして、将来もこの傾向は変わらず、それとともに、“子どもも共学に”というニーズはますます高まるのではないかと思います。

家庭の判断

教育において、別学がよいのか共学がよいかは難しい問題ですし、もちろん、これはそれぞれの家庭が判断すべき問題です。ただ、現実社会においては、男女雇用機会均等法や男女共同参画社会基本法などに象徴されるように、男女の壁が取り払われる傾向にあります(というか、そのような社会はすでに実現しているのかもしれません)。ただ、現実の社会がそうであったとしても、国民の意識として、男女の壁が払われつつある(あるいは払われた)と認識するかどうかは別問題です。善し悪しは別にして、「男は男らしく、女は女らしく」という意識はまだ根強く残っていると考える人もいるかと思います。

さらに、社会において男女の壁が取り払われたとしても、子ども時代の教育においても同様に壁を払うべきかどうかは別問題という考え方もあります。社会がそうだから教育もそうあるべきだ、というのは1つの考えではありますが、絶対的なものではありません。仮に社会がそうであっても、だからこそ教育は男女の生来的な特質を生かして、という考えるも成り立ち得ます。いずれにしても、この問題は、考えてみれば奥の深い問題です。しかし、経営の側面から次々に別学校が共学校に変わっているのも事実です。何か、引っかかりを感じています。

そろそろ、受験シーズンです。一度こんなことについてお考えいただくのもムダではないような気がします。

────────────────────────────────────
Ⅰ.夏期講習について
────────────────────────────────────

◆ お申し込みいただきました夏期講習のスケジュールをお間違えないようお願いします。
◆ 夏期講習期間中、ご事情により都合が悪くなってしまった場合は、必ず前日までにご連絡下さい。
前日までにご連絡なき場合は、事情の如何にかかわらず授業の振替はいたしかねますのでご了承下さい。

────────────────────────────────────
Ⅱ.クリスの英会話受講の方へ
────────────────────────────────────

◆ クリスの英会話のレッスン日につきましては、先にお知らせしました年間スケジュールんい従って進めます。伸栄学習会の夏期講習期間中もスケジュールに変更は一切ありませんので、お間違いないようにお願いします。

────────────────────────────────────
Ⅲ.テレホンイングリッシュについて
────────────────────────────────────

◆ 夏期講習中のテレホンイングリッシュレッスン日は次の通りです。
木曜日の人:7/22、29、 8/5.19.26
金曜日の人:8/6.20.27

────────────────────────────────────
Ⅳ.英会話レッスンについて
────────────────────────────────────

◆ 浦安教室で毎週木曜日に行っております英会話ミニレッスンにつきましては、    次の日にレッスンを行います。(時間は通常通りです)
月曜日:7/26、8/2.9.23
木曜日:7/22.29、8/5,26

────────────────────────────────────
Ⅴ.高校入試制度説明会について
────────────────────────────────────

◆ 次の要領で高校入試制度の説明会を行います。複雑化している入試制度をわかりやすくご説明します。また、これまで集めました”ウラ情報”もお話しします。中3受験生は絶対に、その他の学年の方(生徒・保護者とも)も是非ご出席下さい。

《高校入試制度説明会要領》

日時:7月26日(月) 18:00~19:00ごろまで
場所:浦安校 3F教室
対象:生徒・保護者

────────────────────────────────────
Ⅵ.神宮球場に行きましょう
────────────────────────────────────
◆ 8月28日(土)神宮球場で行われます「ヤクルト-巨人」戦の観戦に行きましょう。参加ご希望の方は、お早めに外野自由席前売券(中学生まで500円、高校生以上1500円)を購入してください。当塾を15:00に出発します。帰りは当塾までお連れします。なお、混雑を避けるため、試合終了後60分程度神宮球場に残ってから帰りますので、塾の到着は試合終了後2時間後くらいになりますのでお含みおき下さい。

────────────────────────────────────
Ⅶ.模擬テストについて
────────────────────────────────────
◆ 8月度の模擬テストを次の要領で行います。時間が通常月より早まりますのでご注意下さい。当日、ご都合のつかない人は、8/25~27に振替受験して下さい。

実施日時:8月28日(土) 10:00集合(時間厳守)

■ 今後の予定

7月
21日(水)   夏期講習スタート
26日(月)   高校入試制度説明会(18:00~)
8月
11日(水)~17日(火) 塾の休み(教室は開きません)
28日(土)    模擬テスト、ヤクルト-巨人観戦
9月
1日(水)    学校の始業式(塾の授業はありません)
2日(木)   塾の新学期スタート

以  上

トップページに戻る