2005年1月号……『田舎暮らし』 塾長/青沼 隆

  この5年間“山の中”に住んでいます。生徒にこの話をすると例外なく「うそでしょう」と言われます。自宅は船橋市なのですが本当です。船橋というと、JR船橋駅周辺などの繁華街を思い浮かべる人が多いようですが、自宅付近には畑も田も雑木林もあります。家から30秒も歩けば、一面の野原と丘の風景の中を散策できますし、もう少し足を延ばせばちょっとした山歩きの雰囲気も味わえます。春になればタケノコも採れますし、家のすぐ裏は広大な空き地があり、その中で、広さ50坪くらいの土地をお借りして(しかも無料で!)野菜などを栽培してきました。最寄りの駅まで早足で30分、ゆっくり歩けば1時間近くかかります。塾との行き来は車を使っていますが、大きな道まで約1㎞、その途中、田園風景を垣間見ることができます。つい最近、山を下りたところにローソンができましたが、それまでは歩いての買い物はほぼ不可能でした。

実は、私自身は全くの都会育ちでいわゆる田舎での生活経験がありません。東京の下町の浅草でずっと育ち、土の感触を知らないまま大人になってしまいました。ですから、友だちと野山を駆けめぐって遊んだ経験もありませんし、今でも、ヘビが恐ろしくてなりません。こんなこともあって、「いつかは一度、田舎生活(気分だけでも)」をと思っていました。願いというものは実現するもので、5年間のひょっとした縁をきっかけに今のところに移り住んだ次第です。

当時、一番下の次男は小学2年生で、スクールバスで小学校に登校することになりました。この地域では、小学1年生から4年生までは、家の近くまでバスが迎えに来てくれます。私立学校がスクールバスを運行しているケースはいくらでもありますが、公立小学校がしかも無料でバスを運行してくれているのに大きな驚きを感じました。自宅が田舎であること、そして日本の経済力の豊かさを改めて強く感じました。当時
、長男は中3、長女は小5でした。ですからスクールバスの恩恵にはあずかれず自転車通学となりました。自宅から歩けば小1時間ほどかかるところに、小学校と中学校が並んであります。校区は浦安市とは比較にならないほど広がっています。多くの方が農業を営んでおり、生徒数も各学年50人前後の小さな学校です。保護者の多くの方も同じ小中学校を卒業しており、地域全体が学校を支えているようです。一昔前の学校がタイムスリップして存在しているという感じです。

学校を卒業後、何回か引っ越しを経験しましたが、子ども時代と違って自宅はただ寝るところとなってしまいました。近所に親しい人がいるわけではありません。子ども時代と違って故郷のような親近感を感じることはありませんでした。ただ、この5年間の印象は少し違います。都会生活との落差がそうさせたのだと思います。

しかし、いろいろ事情が重なり、今月中に引っ越しすることが決まりました。子どもたちが大きくなったことや適当な家が見つからなかったこともあり、都会生活に戻ることにしました。同じ船橋市内ですが、夜空に見える星の数が減ってしまうのが残念です。ただ、近くにコンビニもあります。ビールの在庫を気にしない生活に戻れそうです。

───────────────────────────────────
Ⅰ.塾の指導システム高度化について
───────────────────────────────────
◆ 先月の「お知らせ」でご連絡しました「塾のシステム高度」につきまして、次の要領で導入をする予定です。つきましては、それに先立ちまして保護者会を開催させて頂きますので、是非ともご出席下さいますようお願いします。
導入開始:3月1日より
保護者会:2月5日(土)19:00より 場所:伸栄学習会3F教室

サービス内容の概略

①生徒が塾に登校したときと下校したときに、ご両親さまの携帯電話に「塾に登校した」あるいは「塾を下校した」というメッセージを送るサービス。

通塾にあたっての危険が増している中、当学習会としてもその安全には従来より増して配慮する必要があると考えておりますが、本システムはその一助になると考えております。

②パソコンをお持ちのご家庭にあっては、パソコンを使って塾の宿題や復習 を行い、その学習履歴を蓄積するサービス。

小学生4教科(小4~6)、中学生5教科、高校生2教科(高1)の学習がいつでもご家庭で行うことができます。苦手単元の復習はもちろんテスト対策などがいつでも可能になります。中1生が小6の問題を復習として、また中2の問題を先取学習りとして取り組みことも可能です。しかも、その上、やった問題の正否とやった日時がいつでもわかります(本人もご両親さまにも塾にも)ので、勉強を本当にやっているかどうかや理解度などを的確に把握できます。

塾でやっているやっていないに拘わらずどの教科も勉強できます(例えば、塾で算数しかやっていない小学生が自宅では理科も社会も国語もできます)。このシステムを活用することにより、塾での勉強と並行して、ご家庭で全教科の勉強を効率的に取り組むことが可能になります。しかも上記の通り、単なる教材の提供だけではなく、その進み具合を簡単に保護者の方に把握いただけますので、このシステムだけで一般の通信教育以上の効果が期待できます。

③塾の各種のご案内などをご家庭のパソコンあるいはご両親さまの携帯電話     に送るサービス。

今後とも塾からの書類によるご案内は変わらずに行いますが、緊急のご案内や個別のご案内などがさらにスムースに出来るようになります。特に、塾とご家庭との個別のご連絡は従来は電話でしかできませんが、ご不在時なども含め一層の緊密な連絡ができるようになります。また、塾へのご質問、ご意見、ご不満などをいつでもメールで承ることが可能になります。

◆ 上記サービスの実現に係わる主要なコストは当学習会にて負担させていただきます。ただ、システムを稼働するのに係わる直接コストの一部(生徒お1人月額2000円程度)のご負担をお願いすることになりますのでご了承下さい。

◆ なお、上記サービスは「クリスの英会話」「速読」「速聴」は対象外と考えております。これらを受講の方で、本サービスの一部をご利用されたい方は別途お打ち合わせさせていただきますのでご了承下さい。

───────────────────────────────────
Ⅱ.英検の時間について
───────────────────────────────────

◆ 来る1月22日(土)に英検の試験があります。
時間は次の通りですので、お間違えのないようにお願いします。
5級・3級………13:15 集合
4級・準2級……15:00 集合

───────────────────────────────────
Ⅲ.テレホンイングリッシュについて
───────────────────────────────────

◆ 次の各日は担当講師の都合によりテレホンイングリッシュをお休みさせていただ   きます。
1月6日(木)7日(金)13日(木)14日(金)

◆ なお、テレホンイングリッシュは当学習会で英語を受講している方はどなたも受けられます。まだお申し込みされていない方でご希望の方は、お申し越し下さい。(テレホンイングリッシュは、外国人講師がご自宅に週1回電話をしてミニ英会話レッスンを行うものです)。費用はすべて無料です。

■ 今後の予定

1月
15日(土)   模擬テスト(小6、中3受験生)
22日(土)   英検第1次試験
2月
5日(土)   保護者会

以  上

トップページに戻る