2012年4月号……『安心メール』 塾長/青沼 隆

伸栄学習会では、お子さまが塾にいらしたときに、
「○○ ○○さんが××時△△分に、伸栄学習会に到着しました。」
塾を出るときには、「○○ ○○さんが××時△△分に、伸栄学習会を退室しました。」という安心メールを保護者の方に送信しております。

この安心メールは、今では多くの塾で導入されています。ただ、伸栄学習会が導入した8年前はまだあまり普及しておらず、当時の保護者の方からは珍しがられるとともにご好評をいただいてきました。この安心メールはたいへん便利のシステムです。ところが、1つだけ問題点がありました。それは、生徒が自分のID番号をパソコンに打ち込む仕組みになっていたことです。手入力のため誤りもあります。もし、誤った番号を入力しすると、自分の母親や父親ではなく、他のご両親さまの携帯電話にメールが届いてしまいます。残念ながら、年に1~2回くらい、保護者の方からこの誤送信がありました。

この問題を解決するには、確実に生徒が正しいID情報をパソコンに入力する必要があります。バーコード方式は解決法の1つです。ただ、すべての子どもが、毎回、忘れずにバーコードを持ってくるとは限りません。従来もこの方式を取り入れてきましたが、バーコードを忘れる子どもが頻出して、手入力方式に後戻りしていまいました。その後、いろいろ検討を進めた結果が「指紋認証」方式です。指紋ならバーコードのように持ってくるのを忘れることはあり得ません。本人確認も万全です。

以上より、伸栄学習会では新学年の授業から「指紋認証」方式による安心メールに切り替えました。それとともに、塾での様子を保護者の方に知っていただく一助として、メール送信時にお子さまの顔写真も携帯電話にお送りすることにしました。

ただ、保護者の方の中には、「指紋認証」とか「顔写真」という言葉を耳にされると“ギョッ”とされる方もいらっしゃるかかと思います。そのために、過日、安心メールについての説明会も開催させていただきました。その場でもお話ししましたとおり、「指紋」といっても、特徴的な一部分のみを取り出して暗号化するものです。顔写真の送信も厳重なセキュリティ管理のもとで送信するシステムとなっております。

塾の授業は夜間に行われます。ご両親さまにおかれては、さまざまなご心配があろうかと拝察します。伸栄学習会ではすこしでも安心感をお届けできるように今後とも努力していく所存です。安心メールも含めてご質問などありましたら、いつでもお寄せ下さい。

トップページに戻る