2008年8月号……『ホリデースクール』 塾長/青沼 隆

この9月、ホリデースクールを3回開講します。ホリデースクールは、主に中学と高校の定期試験の前に開講しています。だいたい年に6~7回程度開いてきましたが、短期間に3回開くのは今回はじめてです。

伸栄学習会がホリデースクールを定期的に開くようになって、もう10年以上たちます。キチンとした記録を残してこなかったので、どのくらい回数を開いたのか正確にはわかりません。ただ、実存する文書から判断すると、次回は55回目となります。

ホリデースクールを開くことになった経緯は今でもよく覚えています。当時、講師をしていた方から、「日曜日に無料講座を開いたらいかがですか」という提案をいただいたのです。実は、私はその提案に対して消極的でした。理由は、それより以前、日曜日に何度か補習をしたことがありました。ただ、ほとんど、生徒は塾に来ませんでした。「生徒は日曜日の補習を好まない」というのが当時の私の結論でした。

しかし、まあ、せっかくの提案ということもあり、開いてみることにしました。くり返しになりますが、私の気持ちは「シブシブ」でした。ところが、驚くべき結果になりました。誰も来ないと思っていた教室に、生徒が続々と現れたのです。机が足りずに苦労したことも記憶しています。

この企画が成功した理由は2つあったように思えます。1つは「サンデースクール」(当時はこのように呼んでいました)というネーミングをつけたこと、もう1つは、講師たちが生徒や保護者の方に積極的に呼びかけたことです。特に、後者の、講師たちが「その気」になったのは大きかったと思います。

その後、ホリデースクールは定期的に開講することにして、すっかり、伸栄学習会のイベントとして定着しました。時期によって参加人数は異なりますが、毎回20名以上の生徒が参加します。ただ、やはり、「マンネリ感」もなくはありません。参加する顔ぶれがだいたい同じになってしまったことです。

ホリデースクールはふだんと違った雰囲気の中で学習できます。定期試験対策としても効果あります。これまで消極的だった人も、是非、参加して欲しいと願っています。こんな起爆剤になればと考え、スタッフの提案もあり9月に3回開講することにしました。一人でも多くの方の参加を希望します。

トップページに戻る