2015年11月号……『エントランス』 塾長/青沼 隆

このたび、猫実教室のエントランスをリニューアルしました。

猫実教室は伸栄学習会の発祥の地で、昭和55年(1980年)10月に開業しました。ですから、今年で、早くも35年が過ぎたことになります。この間、浦安には多くの塾が入ってきては消えていきました。学習塾業界には統計データがありませんので確たることは言えませんが、恐らく、この教室は浦安市内では最も古い教室になったのではないかと思います。

35年というと、もう、一世代は完全に経過しています。ですから、かつての塾生だった方のお子さまも当学習会に通っていただいております。二世代にわたって通っていただくのはたいへん光栄なことです。ただ一方で、建物もその分だけ確実に年を取りました。特にエントランス部分は風雪の影響を受け、お世辞にもキレイとは言えない状態になってしまいました。そんなこともあり、子どもたちにはたいへん申し訳ないことと、このところ頭を悩ませてきました。

せっかく塾に通っていただくなら、すこしでも見栄えのよい環境で学んでもらえたらと思い、このたび思い切って改装に踏み切った次第です。せっかく改装するなら、メルヘン的で冒険心を喚起できたらと思い、ちょっとしたオブジェを配置することにしました。

デザインや施工業者とのやり取りなどは、すべて当学習会の講師(山内)が担当しました。山内はもともと美術(造形)の専門家であり、少なくても、伸栄学習会の中ではこの種のことに一番長けています。彼が精魂を傾けた作品ですが、出来映えはいかがでしょうか。保護者の皆さまも、是非一度ご足労いただき、「作品」をご覧いただけたら幸いです。

もちろん、エントランスの改修に留まらず、今後とも教育内容の一層の充実に努力していく所存です。子どもたちには勉強の楽しさを実感していただき、生涯喜びをもって学び続ける人間に育って欲しいと念じています。

トップページに戻る