2006年7月号……『ごまかし勉強』 塾長/青沼 隆

『ごまかし勉強』というのは、跡見女子大学教授の藤澤伸介氏のネーミングです。3年ほど前、『ごまかし勉強』という本が出版され、塾や学校などの教育関係者の間で話題になりました。そんなところ、先月、著者の講演会が開かれ、遅ればせながら直接話を聞いてきました。

「ごまかし勉強」というのは、「テストのために勉強して点さえ取れればいい」という勉強法で、「手抜き勉強」「間に合わせの勉強」「一時しのぎの勉強」のことを言います。

「ごまかし勉強」は、勉強を深く掘り下げることもなく、これまで学んできた内容との関連付けもされません。ですから、勉強に面白さを感じることもありませんし、テストが終わればすぐにアワとなって消えてしまいます。
「ごまかし勉強」と「正統的な勉強」をくらべると次のような違いがあります。

ごまかし勉強 正統の学習
内容 子どもの言動 内容 子どもの言動
学習範囲 範囲を限定

試験に出るところだけ勉強

どこが出るのか教えて 範囲を拡大

関連する分野に目を広げる

いろいろ調べてみよう
自立性 他人に依存

教師や出版社の作った暗記 材料を使う

テストに出そうなところをまとめて教えて 独創志向

勉強内容を自分でまとめる

表を作ってまとめてみよう
勉強方法 機械的丸暗記 点が取れるなら暗記すればいいや 意味理解志向 そうか,なるほど、こんな仕組みだったんだ
工夫 物量主義

機械的に反復練習する

やり方を考えるの面倒、とにかく何回もヤロー 方略志向

やり方や、どうすれば間違えないかを考える

勉強どう進めようかな、どうやったら上手くいくかな
プロセス 結果主義

点数のみにこだわる
アッ合っている。よしよし! 思考過程重視

○や×の理由 を考える

タマタマ合っていたけどなぜかな?

 表をご覧いただいて、「ごまかし勉強」がすばらしいとお感じなる方はいないと思います。ただ、現実的には、子どもたち自身はもちろん、子どもたちを取り巻く環境全体に、「ごまかし勉強」は蔓延しています。実は、正直なところ、当学習会も例外ではなく、例えば、試験前の「予想問題」も「ごまかし勉強」と言えなくもありません。

 「ごまかし勉強」の根本的な原因は、著者が語るように、学校や入試が客観テスト(正答が1つになるテスト)が行われているからです。客観テストで良い点を手っ取り早く取るためには、ある意味で「ごまかし勉強」は効率的です。

 その上、「ごまかし勉強」は、教師にとっても出版社にとっても、そして塾にとっても「ラクな教え方」です。「ここが出る」「ここがポイントだ」と言っていれば、子どもたちは決して文句を言いません。その意味で、「どこにも不都合が生じない」勉強法とも言えます。

 当学習会にとっても、「ごまかし勉強」は、とても微妙で難しい問題です。「これだ!」という特効薬はありませんが、「ごまかし勉強」の危険性を察知しつつ、子どもが勉強を好きになれるような指導を心がけたいと考えます。

トップページに戻る