3Dプリンタを使った授業を行った。

3D_3

 3Dプリンタとは、データをもとに、樹脂などの材料を少しづつ積み上げながら「立体物を印刷する」装置。

 パソコンで自由にデザインすることができ、複雑なものも作ることができる。

 製造・建築・医療分野ですでに活用されているが、子どもたちにとってはまだまだ珍しい装置ではないかと思う。

 今日は放課後等デイサービスに通う子どもを対象に、パソコン操作も含めて基本的な使い方を指導した。

3D_2

 かなり手こずるのではないかと心配していたが、子どもたちは、驚くほどスムースにパソコンを操作して、完成物のデザインを作っていく。

 早く早くとせかされて、むしろ、講師の方があおられがち。

3D_1

 子どもの顔はとても明るい。ふだん、あまり表情を見せない子も、この日は、浮かべていた。

 あっという間の90分。子どもたちはデザインしたキーホルダーを持ち帰った。

 近いうちに第2回目の授業を行う予定。参加を希望される方がいらしたらお申し越し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る