このたび、経営革新計画が千葉県から承認された。

経営革新2

 経営革新計画とは、中小企業が新事業活動に取り組み、経営の向上を図ることを目的に策定する中期計画。この計画が承認されるとさまざまな支援の対象となる。

  本年の春ごろ、経営革新の承認に向けて作業を開始、このたび承認にこぎ着けることができた。

 今回の計画の中心は、障がい児の支援の質を向上させるための新規のシステム開発。

 実は、伸栄学習会では、これまで学習塾の運営の質を高める目的で、過去に2度、この経営革新計画を取得している。従って、今回は3度目。

 ただし、障害児支援を対象としたものでははじめてだった。

 障がい児の支援を行う「放課後等デイサービス」は、制度化されてまだ歴史が浅い。従って、運営の効率化や支援の質を高めるためにやらなければならないことがたくさんある。

 今回、この経営革新に盛り込んだのはその一部。この計画を実現する中で、子どもたちにとって、よりよい放課後デイサービスになるよう努力していきたいと考えている。

 なお、経営革新の承認に当たっては、千葉県中央会の多大なるご支援をいただきました。この場をお借りして暑く感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る