塾講師検定の審査を行った。

 塾講師検定とは学習塾の講師のレベルアップを目的に、全国学習塾協会が行っているもの。

 全国の学習塾の講師が受験していて、毎年この時期、審査員として参加させてもらっている。

 今年も多くの講師の方の授業を見せてもらったが、いろいろな面で勉強になった。

 その中にはよいものもあったが、そうでないものもあった。

 今年も感じたのは、生徒とのコミュニケーションが疎かな授業。

 この中には経験が浅く、授業で目一杯になってしまい、生徒とのやり取りまで手が回らないケースもある。

 ただ、ベテランと思われる方でも、自分の授業に酔いしれて生徒不在になっている方もいる。

 授業の展開はとても素晴らしい。ただ、授業の主人公はあくまで生徒であって講師ではない。

 いくらよい授業をしても、それが生徒に吸収されなければ何の意味もない。

 でも、これは1つ間違えると、私も、あるいは当学習会のスタッフも陥りそうなワナのように感じる。

 やはり、授業は生徒に理解してもらい、生徒のモチベーションを上げてこそ意味がある。

 改めて、講師の原点を学び直した審査だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る