ある大学教授の方と親しくお話しさせていただく機会を得た。

 その大学は都心から離れたあまり偏差値の高くない大学。多くの大学同様に学生募集で苦労しているとのことだった。

 学生のレベルはピンからキリまで分布しているとのことだが、トップレベルの学生は、国家公務員一種に合格しているとのこと。

 言うまでもなく、国家一種は就職の最難関。東大など難関大学の学生でも合格することは簡単ではない。この大学では教養科目を充実して、公務員試験対策に積極的に取り組んでいるとのこと。

 話の中で、なるほどと思ったのは、「やはり1年生が肝要です」という言葉。

 「多くの学生は、学びの姿勢が身についていません。これを鍛えるのは1年の時しかありません」

 ウ~ム、改めて、納得。

  鉄は熱いうちに打て、という言葉がある。大学教育においても、それが当てはまっているよう。

 まして、小学生・中学生・高校生なら、なおさら。

 今、ちょうど、学校の新学期が始まった。子どもたちの心が新鮮なこの時期、大切にしなければと改めて感じた。、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る