「2020年の大学入試」と銘打たれた研究会に出た。

 講師はアクティブラーニングを実践しつつ、大学入試問題の研究をされている方。研究会の進行そのものが、アクティブラーニングの形式、つまり参加者相互の意見交換をしつつ進められた。

 アクティブラーニングの本質は、子どもが「自分なりの答えを出す」こと、

 先生は問いを発して、子どもは自分なりの答えを出す。答えにはいわゆる正答はない、従って、先生は自分の答えを子どもに提示しない。

 その中で、文科省が言う、知識・技能・思考・判断・表現・主体性・多様性・協調性を育んでいく。

 子どもは子どもなりの「自分軸」を作り上げる。

 ………ウーム、言わんとするところは理解できないでもないが、モヤモヤ感がいっぱい。

 「そのモヤモヤ感がアクティブラーニングなのですよ」との講師の弁。

 あっという間の2時間半。

 頭は全開、有意義な時間だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る