私立学校の広報担当者が集まる勉強会に参加させていただいた。

 学習塾が主催する会合にはこれまで数え切れないほど出てきた。ただ、学校が主催する学校関係者対象の会合には出る機会がほとんどなかった。その意味で、とても刺激的だった。

 勉強会の中身は本年の中学入試と高校入試の分析について。

 今年も人気校と不人気校の二極化が進み、中学入試については全体で1%程度の受験者増があったものの、定員割れの学校がさらに増えた。

 一方、人気のある上位校でも、東大合格実績が受験者増と連動する過去のパターンが崩れる兆しが出るなど、保護者の意識に変化が見られたとのこと。

 高校入試も含めて、家庭の経済状況がさらに厳しくなり、私立の選別も一層進んだ、というのが今年の総括のよう。

 新聞記事を見ると、景気のよいことが書かれているが、実態の経済はさらに厳しくなっているのを実感させられた。

 でも、これは、私立学校のみならず、学習塾についても当然言えること。

 話を聞きつつ、更なる改善に向けて努力しなければならないことを痛感した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る