最近では滅多に七夕の飾りを見る機会がなくなった。

 そもそも、「七夕」を「たなばた」と読むことも知らない子どももいるよう。

 私自身もかなり小さいときに、願い事を笹につるしたことを微かに記憶している程度。

 今年は、たまたま、ある方から笹を寄付していただき教室に飾った。

七夕

 

子どもたちの願い事はさまざま。

 「××合格」という祈願もあるが、家庭の平穏を祈願するものや、中には、「哲学の真理を究めたい」というビックリさせられるものもあった。

 昔は笹を川に流したものだが、今、そんなことをしたら大問題。時代が変わってしまったのはちょっと残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る