千葉県から、念願の「経営革新計画」の承認を得た。

 実はこの経営革新、7-8年ほど前に検討したことがあった。ただ、仕事が立て込んだり、その後、ISO29990取得に向かったりしたため実現しなかった。

  経営革新とは、中小企業が新しい事業を行う際に計画書を作成して国・都道府県に申請し、承認が得られた場合にさまざまな公的支援を受けられる制度。

 要は、中小企業を公的にサポートする制度で、経営理念の社員との共有化や経営目標が明確になるという副産物もある。

 経営コンサルタントに任せて計画書を作成するのが一般的と聞いているが、授業のあり方や進むべき方向をハッキリさせるために、敢えて、すべて講師と一緒にゼロから作った。

 お陰で塾のあり方について、いろいろな面で検討を加えることができた。

 承認をいただくに当たっては、県の担当の方からさまざまなサポートをいただいた。心から感謝。

 これを機にさらに質の向上を目指さねば。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る