当社では6年前から、厚労省の事業として、失業中の方や非正規雇用の方などを対象にした職業研修を行っている。

 この研修では、パソコンを中心に職場で必要なスキルの指導を行っているが、同時に再就職に向けたキャリアコンサルティングも重要な支援になっている。

 キャリアコンサルティングを行うには、ジョブ・カード キャリア・コンサルタント証が必要だが、さらに上級の資格と考えて、2級キャリア・コンサルティング技能士の試験に挑戦した。

 この資格を取るには筆記試験と論文・面接の実技試験を突破する必要があるが、昨日、この発表があり何とか合格することができた。

 試験勉強を通じて、これまで断片的に学んできたさまざまな知識がつながった。

  ハーズバーグの「二要因理論」、仕事に対する不満を減らす要因と、仕事に対して満足感を与える要因は別もの、スーパーの「ライフキャリア・レインボー」、人には、それぞれの段階でさまざまな役割が存在する………等など、何となく聞いたことのある単語が少し深く理解できたようになった。

 これらの知識、実は職業訓練受講生だけではなく、塾に通う子どもにも適用できる。資格取得に満足せず、子どもたちの成長に役立てたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“2 級キャリア・コンサルティング技能士” に1件のコメントがあります

  1. お目出度うございます。
    私は面接が5点足りず、駄目でした。
    今日は祝勝会ですね。では、後ほど。

トップページに戻る