塾長・私学・出版社・教育研究者などが集まる勉強会で、本年度の中高入試をテーマに情報交換会が開かれた。

 いろいろな話題が飛び交ったが、入試全般に対し社会的な変化が起こりつつあることを感じた。
 
 その1つは中学入試。

 中学受験熱が冷えつつあることはよく言われるが、今年の入試もその延長であったことを感じた。

 特に、中小規模校、学力中下位校、女子校の低迷についてかなり深刻な話があった。

 それに、中学受験の人気校が特定校に集中していて、さらにこれが受験生の保護者の所得格差とも関連している可能性があるとのこと。

 教育と所得の関連についてはさまざまな実証研究がある。ただ、こんなところにもこの問題が顔を出していることに、今さらながら驚くとともにやるせない気持ちにさせられた。

 高校入試では特に千葉・埼玉で専門学科の人気が低迷しているとのこと。

 これはチャンス!
 
 専門学科の強みを生徒・保護者に伝えたいと思った。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る