千葉県公立高校の前期選抜第一日目(学科試験)が本日終了。

 試験を終えた子どもたちが三々五々、塾に集まり自己採点を行っている。

 毎年のことながら、ほとんどの子どもたちの自己採点がボーダーラインに並ぶ。安全圏の子どもも危険ラインを突破した子どももほとんどいない。

 良くいえば、己を知っている、悪く言えば、何故、もっと突き抜けた努力をしなかったのか………何とも言えない感覚。

 明日は志望校によって試験の中身が異なる。前期選抜は学科試験では決まらない。

 頑張って欲しい。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る