教材会社のセミナーに当学習会の講師と一緒に出た。テーマは「選ばれない塾の共通点」。

 身につまされる思いで話を聞いた。

 いろいろな指摘があったが、要約すると「もてなしの心を大切に」と理解した。

 実はこの話、先の社員総会でも、当学習会の講師から「ホスピタリティ」というテーマで発表があったばかり。

 その講師は発表の中で、「自分の守備範囲を狭めないで、他のスタッフが困っていたらさりげなく助けよう。塾への訪問者があったら何を差しおいてでも親切に対応しよう。」と言っていた。

 今日のセミナーと切口は少し違うが、言わんとするところは共通している。

 他者への配慮は大切、ということは誰でも知っている。特に塾の場合、生徒はもちろん保護者・取引先などへの配慮は不可欠。

 ただ、それが「できているか」どうかとなると話は別。社員総会でも、講師から発表あったのは、何らかの危機感があったから。

 塾は教育サービス業。

 原点に立ち返って、おもてなし、ホスピタリティの心を見直さなければならなるまい。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る