昨日の日曜日、自宅で夕食を取っているときに突然の電話。

 このタイミングでの電話は珍しい。誰からと思いつつ電話を取ると講師のひとりから。

 「お休みのところ申し訳ありません。今、猫実教室にいるのですが、焦げ臭い匂いがするのでご連絡しました。」

 焦げ臭い??

 伸栄学習会はどの教室もガスを入れていない。ストーブも使っていない。

 火の出るものは何もない。

 まさか、放火?? 

 ワケがわからないが、放置はできない。

 「まずは、消防署と相談したら?」「そうですね、そうします」

 その後、10分たち20分たっても彼から連絡がない。心配になって、こちらから電話する。

 「今、消防車が来ています。消防署の人がたくさん来て、警察も来ています。」

 「どういうこと?」

 「どうも、となりのテナントが原因のようです。消防の人がとなりの方と連絡を取っているようです。あっ、すみません………後で連絡します。」

 その後、30分ほどしてようやく電話がかかってくる。

 「今、一段落しました。」

 「どうだった?」

 「となりの業務用機器が原因だったようです。どうも、ついたままになっていて、今、消防が原因を調べているところです。私も、消防や警察からいろいろ聞かれました。ただ、ウチの部屋ではないので、答えようもありませんでした。」

 「消防車が来たと言っていたが、大騒ぎになっているのでは?」

 「大勢の人が集まってましたが、今は落ち着いています。」

 「ということは、一段落したの?」

 「もう、私への質問は終わりました。まだ、となりのテナントには消防や警察の方がたくさんいますが、私の役目は終わりました。」

 「お疲れさん。早く帰ってください」

 

 長年、学習塾をやっているが、こんなことははじめて。

 それにしても、彼が日曜出勤してくれてよかった。それに、臭いに気付いてくれてよかった。

 もし、あのまま放置されていたら………

 今ごろビルは無くなっていたかも。それどころか、ビルの最上階はアパート。万一の場合、人命にかかわった恐れも。

 イヤハヤ、いろいろ思うことがたくさん。
 塾の危機管理について改めて考えさせられる。
 そんなこんなで寝付けない。今日は睡眠不足。

 でも、よかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る