ネットワークシステムを専門に行っている方とICTの利用方法などについて意見交換をした。

 授業を机と白板で授業を行う時代はとうの昔に終わり、伸栄学習会の教室にはパソコンが並ぶようになった。

 パソコンをLANでつなぎ、私の作った授業の映像を生徒に配信するシステム構築は零細塾としてはかなり早かったと思う。

 現状のシステムには、表面的にこれといって不満はない。ただ、技術の進歩はものすごいスピードで進んでいる。ひょっとしたら、新たな可能性がないかと、この日の意見交換に至った。

 塾のシステムはいろいろな会社が開発して販売している。

 教材、学習管理などさまざまある。ただ、いずれも帯に短し襷に長し。

 この日の意見交換で、「ハタ」と思い至ったのが生徒の家庭学習を推進するシステム。

 塾にとって一番頭の痛いのが「宿題」。

 塾の授業は原則として週1回。もし、子どもが家庭学習をやらないと、せっかく理解した事柄も翌週にはほとんど忘れてしまう。

 これを防ぐために宿題を課しいているが、やる子どももいれば、やらない子どももいる。そして、成績が伸びない子どもの大半が、宿題をやらない子ども。 

 この日の話で中心になったのは、子どもが意欲を持って家庭学習をやるシステム作り。

 いろいろ知恵を絞ればできなくもなさそう。年が明けたら引き続き検討を進めることでこの日の話は終わった。

 ひょっとしたら革新的なシステムができるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る