韓国では1997年から小学校で英語教育が導入された。

 日本でも2020年から小学生英語の本格導入が検討中されているが、その実情を把握するために、ある塾団体のメンバーと一緒にソウルを訪れた。

 ソウルではいくつかの学習塾、英語村、公立小学校などを訪問した。

バス

まず、驚いたのがKid’s Collegeという学習塾。

K'D college 

 この塾では幼稚園から英語を指導を開始しており、小学校低学年ではかなりのボリュームの英語テキストを使って指導が進められている。

 アメリカ人と同じように「英語でものを考えられる子どもを育てる」ことを目標に、アメリカ人と同じような教材を使っているとのこと。

 小学2年生のテキストを見せてもらったが、文字量などは日本の高校1年生と同じくらい。

 一緒に訪問した人たちも、みな唖然。

 
英語村も2つ訪問した。

1つはソウル市内の小学生のための施設。小5の子どもたち全員が、4泊5日で英語の集中レッスンを受けるとのこと。

加平

 施設やそこで学んでいる子どもたちを見た限り、福島にあるイングリッシュ・ヒルズと似ているのを感じた。

 韓国の英語教育は学校でも今ひとつ成果が上がっておらず、塾が補完しているとよく言われる。

 そんなこともあり、今回、公立小学校も視察させていただいた。

小学校

 確かに塾ほど高度な英語を学んでいるわけでもないが、どのクラスも英語だけで授業が進められていて、子どもたちは積極に英語で受け答えしていた。

 日本の英語の授業とは全く違う。コミュニケーションとりわけSpeakingい力を入れていると言われているが、かなりの成果が上がっているのではないかと感じた。

 市内で道を尋ねても、若い人には英語が十分通じる。

 外国人と接することの多い友人なども、よく「日本人の英語力はアジアで最低レベル」と言うが、確かにその通りかもしれないと実感した。

 2020年に向けて文科省が英語教育の抜本的見直し作業を進めている。日本の英語教育も大きく変わることを予感した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る