「学習塾における英語教育」についての勉強会に出た。

 わが国の英語教育についてはさまざまな批判がある。中学・高校・大学でせっかく学んでも、英語でコミュニケーションができない、というのがその最たるものかと思う。

 本日の勉強会では文科省の方から、今後の英語教育の施策について話があった。

 産業界のからの要請、日本の国際的地位低下、外国人の流入などを背景に、グローバル人材の育成は待ったなしとのこと。

 2020年に予定されている学習指導要領の改訂による小学生英語の教科化を2018に段階的に前倒しする可能性についても言及があった。

 すでに中国や韓国などでは小学3年生から英語教育が本格的に行われているが、日本も同様な形になることが改めて説明された。

 小学校における英語教員と外国人講師の配置など課題もたくさんあるが、小学生英語の導入に向けて着々と施策が進んでいることを実感。

 時代の変遷を踏まえ、学習塾でも英語教育を抜本的に捉え直すことの必要性を強く感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る