大学入試の専門家から話を伺った。

 テーマは「センター試験はなくなるのか?」

 昨年6月から、新聞などで「センター試験廃止」が盛んに報道されてきた。

 阿部首相肝いりで作られた教育再生実行会議によると、センターを試験を廃止して、高校2年から年2~3回の新テストを実施する、テストは「発展」と「基礎」の2レベルを用意する、1点刻みの点数化を改めて段階評価方式を導入する………などが報じられてきた。

 今日はこの教育再生実行会議の提言について、その矛盾について解説が加えられた。

 記述問題の導入はマーク式への批判があっても現実問題として55万人の採点は不可能。「基礎」の受験者は見込めない。複数回の受験は実際問題不可能………つまり、提言は具体性に欠け現実化する可能性はほぼない。

 テストの名称が変わりマイナーチェンジはあるかもしれないが、つまり、「センター試験はなくならない」というのが今日の結論だった。

 センター試験についてさまざまな報道が入り乱れている。そんな中、今日の話はすこぶる有益だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る