ある塾団体主催による「新人講師研修の注意点」についての勉強会に出た。

 講師は大手塾で長年にわたり研修を担当されてきたベテラン。

 塾の安全管理から教科指導、保護者対応など同塾で行っている研修内容について詳しく解説いただいた。

 その中、「新入社員は、自分の経験の中で楽しく、自分の能力の範囲内で仕事をしようとする傾向がある」という言葉が気になった。

 仕事を楽しく遂行するのは間違いではない。ただ、自分の能力の範囲内のことしかしないのでは、塾にとっても本人にとってもよいことではない。

 同じ「楽しい」でも、困難を乗りこえる楽しさもあれば、単にラクをする楽しさもある。意味は全く違う。

 でも、「自分の能力の範囲内のことしかしない」というのは、新入社員だけの話だろうか。

 案外、ベテランも同じではないか。

 いや、ベテランになるなればなるほど、自分の守備範囲から一歩踏み出るのをためらいがちになるのはないだろうか。

 そして、ひょっとしたら、取りも直さず、自分自身がそうではないだろうか。

 自分の守備範囲を守るのは大切なこと。専門外のことに手を出せば、ヤケドをする確率も高まる。

 しかし、能力は挑戦しなければ高まらない………いろいろ、考えさせられた勉強会だった。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る