昨日と今日の丸2日間にわたってISO29990再認証審査が行われた。

 3年前、伸栄学習会はISO29990の認証を得た。ISOの認証期限は3年間。従って、今年は再認証が必要。

 認証審査に当たっては3年分の書類を完備しておく必要がある。

 書類は整備しているつもりだったが、漏れがあると再認証を受けられない可能性がある。このため、講師はここ数日チェックに追われていた。

 審査員からは「ISOの規格要求事項に適合している」評価をいただき、再認証登録の推薦を受けることができた。

 この2日間、ISOを通じてさまざまな学びや気付きがあった。

 特に、ISOの規格に適合することを意識するあまり、フレキシブルな運用が図れていないのは大きな反省になった。

 より良い授業を提供するためには、ルール・マニュアルの整備、講師の力量の向上、そのための研修システムの確立、円滑なコミュニケーション、モニタリングシステムの確立等など多面的な要素が必要。

 「よい授業をするためにガンバル」という単純発想では、よい授業を提供できないことを改めて痛感した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る