どこかに出かける際、「yahoo路線情報」や「駅すぱあと」をよく使う。その時に、浦安駅から目的地を検索すると、よく「浦安(鳥取県)」が表示される。

 鳥取に気がつかないでそのまま画面を進めると、新宿あたりまで行くのに5時間くらいかかることになり、ちょっと驚く。

 鳥取の浦安ってどんなところか以前より興味があった。

 こんなこともあり、鳥取に行ったついでに「浦安」を訪れてみた。

 車内の「うらやす」という案内を聞くと何か不思議な感じがする。(ここは千葉じゃないのに……)

 山陰線には無人駅もあるが、浦安は駅員の方も常駐している。

 駅の外観はこの通り。

浦安2

 

 

  

 駅舎には「浦安」と表記されている(浦安駅なんだから当たり前か)。

 駅前のメインストリートはこんな感じ。

浦安2

 

 

 

 

  この道をずっと行くと日本海に出る。駅の隣には文化施設もある。

 ちなみに浦安駅の隣は由良駅。

 ここには、マンガ「名探偵コナン」の原作者・青山剛昌さんにちなんだ「青山剛昌ふるさと館」がある。

 残念ながらふるさと館を訪れる時間はなかったが、この町の名は「北栄町」。

北栄

 

 

  

 

 浦安の北栄は「きたさかえ」というが、鳥取の北栄は「ホクエイ」と読むよう。

 でも、漢字では両方とも「北栄」。

 鳥取と千葉、両者をつなぐ妙な縁を感じた。   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る