学習塾講師検定の審査を行った。

  この検定は学習塾講師のレベルアップを図るために、授業の能力評価を行うもの。ここ数年、この時期に審査員を勤めさせていただいている。

 この検定は、3人の審査員が受験生の授業を映像で見て、定められた評価項目に点数を記入して合否を決めるルールとなっている。

 審査員はいずれもベテラン。従って、審査員による評価点数には大きな差は生じない。

 ただ、合否とは別に、個々の受験生に対して講評を行うが、各審査員の授業へのコダワリを聞けてこれがとても面白い。

 私自身はどちらかというと、受験生がどんな言葉を使うか、どんな説明するかに関心がある。一方、審査員によっては、生徒とのコミュニケーションの取り方などを厳しく観察している。

 審査を通じて、他の審査員を見解に接して新たな発見がたくさんある。実はこの検定、受験生より審査員の方が勉強になるのではないかと思っている。

 

                                        学習塾講師検定制度の概要は こちら 

            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る