三者面談セミナーを開いた。

 私立高校の入試制度はかなりわかりづらい。前期試験(推薦入試)は実質的に11月下旬で終わり、12月15日の入試相談ですべてが決まる。

 公立中学で11月頃行われる三者面談はその実質的なスタートで、重要なイベントであるにもかかわらず、案外、保護者も生徒もそのことを認識していない。

 そんな背景もあり、伸栄学習会では毎年この時期に中3の保護者・生徒を対象に三者面談セミナーを開くことにしている。

 今日も多くの方に参加いただきお陰様で盛況だった。

 話したい内容は盛りだくさん。ただ、あまり時間を長くすると参加者に飽きや疲れが出る。そんなことから時間は80分にしている。

  そのためセミナーは時間との戦い。最後に私がいらぬ補足をしたため、予定を5分超過してしまった。

 ただ、アンケート見ると皆さん満足されたよう。今日の情報を高校進学に生かして欲しいと願う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る