いよいよ本日で夏期講習も終わり。

 毎年、この日を迎えると何か「もの悲しさ」を感じる。

 塾の仕事には切れ目がない。学校は4月から1年がスタートする。塾も似たところがある。しかし、塾に通う子どもにとって、4月はスタートではなく単なる経過点。

 多くの子どもにとって入試がエンドになるだろうと思うが、毎年、すべての子どもが受験をするわけではない。だから、塾全体としては入試がエンドではない。

 その意味では夏期講習も同じ。夏期講習も経過点の1つ。

 ただ、塾にとって夏期講習は大きなイベント。5月ごろから準備を進め、何度も講師間で議論して、中には徹夜をする講師もいて、本日を迎えている。

 達成感もあるし忸怩たる思いもある。さまざまな思いがゴチャ混ぜになり、過ぎゆく夏への想いも加わって、「もの悲しさ」を感じさせているように思う。

 40日間、塾にとっても、私にとっても、講師一人ひとりにとってもいろいろな出来事があった。秋以降の指導につなげていきたいと思う。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る