このところ時間の過ぎるのが猛烈に早い。

 あっという間に7月になり、もう第1週が終わろうとしている。

 6月から夏期講習の準備を進めているが、恥ずかしながら今日ようやく伸栄学習会のホームページに夏期講習の案内をアップした。

 塾生から寄せられた夏期講習の申込をデータベースに入力しているが、なかなか前に進まない。塾のスタッフも時間に追われているよう。

 当たり前だが、受験生にとってこの夏はとても大切。

 受験まではまだ半年強あり、ノンビリしている子どもも多い、しかし、腰を据えて弱点分野を克服する機会はこの夏しかない。

 秋になれば、また学校の進度に追われる。冬期講習は入試準備に追われる。だから、復習をするチャンスは今後あまりない。

 こんなことを子どもたちに話しながら夏の大切さを説いているが、理解してもらうのはそんなに簡単ではない。

 ただ、夏期講習のスタートまで残りの時間はわずか2週間。充実した夏を過ごしてもらうためにも、受験までの見通しを語っていきたいと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る