塾団体主催の海外理事会に参加した。

3 今回の訪問地は台湾。

 

 

 
 台北は過去に訪れたことがあるが、台中・台南ははじめて。空港(桃園国際空港)に到着後、バスで南下した。

 車窓から見える緑は、日本の緑より濃く見える。亜熱帯に来たことを実感。

 親切なガイドさんで旅行中ずっと、台湾の文化などをユーモアを交えて説明してくれた。

 

1
 台中・台南ではいくつかの寺院を見学したがすべて道教の寺院。

 

 

 

  ガイドさんの話によると仏教は道教に飲み込まれ、従って仏教徒は少なく大半が道教徒とのこと。

 道教の奥の深さ、それに現実的かつ民衆に根ざした宗教であることを再認識した。

 

2
高雄からの帰路は新幹線(台湾高速鉄道)に乗った。

 

 

  

 全長345㎞をわずか96分で結ぶ。この日も定刻通り運行していた。

 夜市には無数の屋台が並び、ウィークデイも若い人々が道いっぱい歩いている。いかにも台湾らしい風情。ただ、街の中にはビルが乱立して無国籍化が進展しているように見える。

 台湾も着実に変化しつつあるのを実感した。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る